本文へスキップ

埼玉県川口市の中医学(中国伝統医学)専門はり灸治療院。石上鍼灸院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL:048-446-9860

〒332-0023 埼玉県川口市飯塚3-7-28

鍼灸・吸角の治療効果

鍼灸治療の治療効果

◆調整作用
 組織、器官に一定の刺激を与えて、神経機能の減弱や内臓器官の機能減退に対して興奮させる作用や、疼痛やけいれんのように異常な機能の亢進に対して鎮静させる作用があります。

◆誘導作用
 針灸を施したところの血管に影響を及ぼし、患部の血量を調整します。

◆鎮痛作用
 鍼灸刺激により、鎮痛効果のある内因性モルヒネ様物質が放出されたり、下行性痛覚抑制系という視床下部から始まりノルアドレナリンやセロトニンを介して痛みを遮断する作用があります。

◆免疫作用
 鍼刺激により、免疫に関わるT細胞やNK細胞の移行が促進します。

◆消炎作用
 血流改善により病的滲出物などの吸収を促進させ、消炎をはやめます。

◆転調作用
 自律神経失調症やアレルギー体質を改善して、体質を強壮にします。

◆反射作用
 鍼灸刺激を介して、組織、臓器の機能を鼓舞あるいは抑制します。

※灸治療には、増血作用、止血作用、強心作用などがあるとされます。

吸角療法の治療効果

吸角療法とは、東洋、西洋で昔から行われている民間療法です。ガラス玉の中に火を入れ陰圧にして、皮膚の上に置くと皮膚を吸い上げます。吸われる感覚は、痛くはなく非常に気持ちのよいものです。吸角の痕は、3日〜10日で消えます。色が濃いほど血流が悪いと考えられます。

◆血液循環の促進
 吸角により皮膚を吸い上げた状態から吸角を開放すると、一気に血が流れ血流が改善します。

◆寒邪や湿邪などの除去効果
 温熱効果が高いのが火を使った吸角療法の特徴です。そのため冬に多い「寒邪」や夏に多い「湿邪」を取り除く効果があります。毛穴から邪気を吸い上げると考えられます。


中医学