本文へスキップ

埼玉県川口市の中医学(中国伝統医学)専門はり灸治療院。石上鍼灸院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL:048-446-9860

〒332-0023 埼玉県川口市飯塚3-7-28

台北 2013.9-11 【2日目】

▶6:30 ホテルで朝食
 前日の就寝がとても早かったので、5時頃には目が覚めてしまいました。父に至っては3時ごろからモゾモゾして時間を持て余していました。私は物音に敏感なので、父がモゾモゾする度に目が覚めてしまい、少しイラッとしてました。ということで、朝食開始時間の6:30になったらすぐに行くことにしました。エコノミークラスのホテルなので、少し食べられればいいかな程度に考えていましたが、充分しっかりと食べることが出来ました。野菜を使った料理が多く、ごはんやマントウがあり、父もおかわりをしてました。ただ、父が「肉や魚を使わずにコストを抑えてるな」と一言。私は昨日の東坡肉が少し重かったので、丁度良かったです。

▶9:30 忠孝復興駅からバスで九份に向かう
電車 ホテルが西門駅の近くなので、地下鉄を使い忠孝復興駅まで行きました。台北の地下鉄は便利で使いやすいですね。表示案内が分かりやすく、きれいですし。しかも、20元(約70円)と格安なんです。忠孝復興駅からは九份行きのバスが出ています。バス停に着くとちょうどバスが来たので、中国人らしき団体と一緒に乗り込みました。九份までは102元(約360円)です。高速道路に乗って1時間以上かかりますが、この運賃はやはり安いですよね。
バス 今回の旅の目的のひとつはバスを利用することだったので、不安ながらもバスを利用することができて良かったです。今回は某旅行会社の格安ツアーだったので、空港からホテルまでバスで送ってくれたのですが、そのバスの中でツアー会社の方が、九份のツアー(1人4,000円)を勧めていました。もちろん仕事なのでそれは構わないのですが、その勧め方があまり好ましくありませんでした。タクシーで行けば18,000元(約63,000円)請求された人がいたり、1,000元(約3,500円)でも、どこかに連れて行かれてしまいますと。また、電車やバスでは3~4時間遅れることはよくありますと。こんなことを言われたら、バスで行こうと決めていた私の気持ちですら少し揺らぎました。父は「ツアー申し込もうか?」と言ってきましたし。営業することは良いですが、台湾のイメージを悪くしてしまうのはどうかと思います。バスで九份まで行きましたが、不都合は少しもありませんでした。観光地までの過程も旅として楽しむのであれば、バスや電車を使っていくのも良いかと思います。少しグチりました。

▶11:00 九份散策
九份 台湾に5度(たぶん)来たことがありますが、九份に来たのは初めてです。まず入ってすぐ、原宿の竹下通りのような人混みでした。立ち止まるのが苦手な私と父は、ほぼ直進。私以上に人混みが苦手な父は苦笑い…。そんな中で、鍼灸院で使えそうな雑貨があるお店を見つけました。
 そこで、鍼灸院に飾るのを何個か購入。中国っぽいものは意外と見当たらなかったので、ちょっとした出会いでした。
飾り ねずみ
 さて、九份のメインといえば、傾斜のある階段と赤提灯です。人混みを抜けて下りる階段があるので、そこを行くとありました。ここにくると人が急に減ったので、もしかしたら中国の方にはそんなに興味のない場所なのかも知れません。ここぞとばかり写真を撮ってみました。とても雰囲気のある場所ですが、やはりここは夕方から夜に来るのがきっといいんだろうなぁというのが正直な感想でした。
九份
 ネットで素晴らしい写真があったのでそちらを参考までに。
九份階段










 聖明宮というお宮がありました。人がほとんどいなかったですが、飾りなどが派手で台湾らしさを感じました。
聖明宮
 12:30頃には帰ろうということになり、帰りもバスで忠孝復興駅まで帰ることにしました。まだ時間が早いためか、バスも空いていて、何の不便もなく帰ることが出来ました。

▶14:30 「老友記」で昼食
 忠孝復興駅から歩いてすぐに「老友記」という香港料理屋さんに行きました。結構混んでいましたが、すぐに座れて、日本語のメニューをくれました。2人とも麺類を頼みました。父はピータンも頼んでビールのつまみにしていました。おいしかったです。2人で500元(約1700円)くらいだったと思います。
 この忠孝復興駅周辺はおしゃれなお店が多いんです。店の雰囲気が最先端な感じです(たぶん)。日本の表参道的な感じではないかと思っていました。

▶17:00 また頂好超市にて買い物をしてホテルに戻る
 またスーパーによってビールなどを買ってホテルに戻りました。父は杏?を味付けした何かをとても気に入って、孫たちのお土産にすると何個も買っていました。私は興味がなく、疲れもあったので、この件に関してはスルーしていたため商品の記憶があまりありません。でも、茶梅という梅を茶葉と一緒に漬けこんだ甘酸っぱい梅はおいしかったです。

2013.12.9 1日目のページはこちら
2013.12.11 3日目のページはこちら

埼玉県川口市の中医学専門はり灸治療院
【石上鍼灸院】

中医学

石上鍼灸院石上鍼灸院

【中医学専門針灸治療院】
◆予約制
◆お一人ごとの診療

〒332-0023
川口市飯塚3-7-28

TEL:048-446-9860
メールアドレス:
info@ishigami89.com